豆の壺 - ベランダで豆栽培!



落花生(ピーナッツ、南京豆)の育て方−種まき方法時期、収穫時期目安、肥料、支柱は?







落花生(ピーナッツ、南京豆)の育て方−種まき方法時期、収穫時期目安、肥料、支柱は?




落花生(ピーナッツ、南京豆)の育て方、栽培の様子


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これがピーナッツで、落花生です。よく人は落花生は知っている、ピーナッツも知っている。しかし、落花生なんて食べないよね?といいつつ、ピーナッツバターというと、あせるほど塗りたくって毎日食べているので、ああそれそれ、知ってる。ということになる。

人間、あほなほうがいいということもありますが、まあ、基本的に無理なものをやっても無理ということがあり、同時に処理できることは人によって数が違います。

やはり不安な数であるほどの事象があるときは、数を減らして負荷を軽減してやりましょう。場合によっては驚くほど少ない数しかできないこともあります。しかし、それは仕方ない。それよりも、これ以上減らせない、必須ということが処理限界を超えている時、それは数日間、体力を蓄えさせるということが必要です。しかし、意味がわからないので、どうして、温存するのかがわかりません。だから、そこもあえてわざわざ、手取り足取りです。
そんなことでようやくピーナッツができた。ということが言えます。

これは落花生からピーナッツへ変わった瞬間です。ただ、この時点ではまだわかりません。分かっても柿ピーの状態のピーナッツであって、大好きなバターではありません。
これが生ピーナッツです。結局、全く違います。

見て分かる通り、殻が分厚く水分があり、ぷにゅぷにゅしています。茶色いかわもありません。
これだけ、殻が分厚くて、中身は小さいのです。
中身を取り出すと綺麗な白色です。これじゃ、豆としか分からず、豆乳とか、豆腐とかへ近づきます。
殻は平でデコボコしていません。
それを乾かすと、、、こうなります。

実際、どういう処理がいいかはノウハウがあるのですが、これはただの放置です。しかも、余計に放置して数ヶ月から1年くらい経過しています。

左側は、見ての通り中身がないはずです。
こういう、実ができない落花生というのもあるんですね。通常のようにやはりちゃんと受粉していないのでしょうか。

最初はわかりません。水分がありますので。

水分が抜けると、中身がないものはこうやってぺっちゃんこに潰れてしまいます。
これは落花生らしくなりました。

しっかりとしています。落花生というならこういうタイプです。
 
 
 
 



落花生づくりは手間いらず、サービスなんかしなくても勝手に育ってくれます。しかし、それでもサービスがいいほうがいいピーナッツができることでしょう。だいたい、世の中でよくあることでは、大手携帯電話系列の窓口はさもおなじ経営かとおもいきやFC方式になっていて中身は、ただの携帯販売屋と同じであったりすることがあるのです。つまりは、他のなんとか株式会社というのが、大手の看板を掲げてやっているわけです。

こうなると、寛容な大手携帯外車は自由にさせます。規制がゆるいので、悪いことをするやからが出てきます。手抜きサービス。例えば、利益にならないものは売り切れと言う。これが上手く言えばいいんでしょうが、ボロがでます。1,2店の企業ですので、付け焼き刃です。そして、嘘がバレます。開き直ります。絶対あやまりません。謝罪なんていらないですが、それ以上に酷いのがその後から、毎日、いたずらメールが届くようになりました。日増しに数が増えてまともに使えません。かなり苦労して迷惑メール防止フィルターを設定して事なきを得ても、もう、いいメールも届きません。不便ですね。

携帯のメールへパソコンから送れないのです。誰かが携帯忘れて、携帯電話にパソコンからメールしても届かないのです。これは最悪ですね。こんなことを来る客全員の名簿を流してやってるのか?個人的な嫌がらせか?まあ、対応がうさんくさくて、全然、手続きを始めない。そのために、くだらない時間を費やしてしまいました。5分で終わるものを30分以上です。さすがに、それで五人の人間が待っていたわけですが、その工数を考えるとほんとダメですね。これで迷惑メールですから、もう二度とこの会社とは契約しません。できればキャリアも変えてしまいたいと思います。

最近は、系列会社のサービスがどん底まで落ちていき、もう、3年後にはその会社のサービスはないだろうという気がしています。これもひとえに自由に販売させた結果、悪いことをして評判を落としてそれが悪いことを招いた。しいては、自滅ということです。ですから、手間暇をかけなくていい、栽培が容易な落花生といえども、育てるときには管理してしっかりと育てることが大事です。やることがないと、愛情を注いで育てた落花生なんて、野菜に愛情を注いだりしています。というおかしな言葉を使い出したりします。

ようするに、見てるだけでとくに作業はほとんどないんだけど、いざというときのために管理しておくということでしょう。しかし、落花生はピーナッツバターがあれだけ大量にやすいのだけあって、何もしなくても勝手に育ちます。勝手に育って収穫できてしまいます。ことさら、大草原で大規模栽培するような日本とは違うスタイルで作れば全く安く作れるものです。豆腐にでもバターにでもなんにでもしてくれという値段でできることでしょう。












おすすめの商品


DC-HOUSE 12-24VDC 400W 風力発電機本体コントローラー付け

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)



公園水槽レイアウトネギズッキーニモノクロ現像/フィルムカメラ/カラー現像/レンズゴーヤー山林うさぎイチゴ 鉢植えの育て方熱帯魚 病気 飼育文鳥海釣り公園ダイコンショウガ、ミョウガ、ウコンの育て方、芽出し、発芽種まき方法、発芽適温、育て方、発芽日数トマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方、種類菜の育て方、菜の花、種類カブの育て方、種類壁、塀、防音、防寒うさぎ 飼い方根、茎、葉の断面、病気、写真